瑞雲たなびく

平穏これ大事

彦根城(前編)

撮りためていた写真が入ったSDカードが行方不明になってしまい、途方に暮れました。どこに行ったのやら。

なので今回は寺・神社ではなく城を紹介することにしました。

国宝・彦根城です。

国宝と言っても城全部ではなく、天守などの一部分が国宝に指定されています。

この天守が完成して今年で410年ということで、410年祭と題して色々催し物もされています。
 
 
なのでまずはこの写真から。

f:id:astronotes:20170503171020j:plain


今年2017年のNHK大河ドラマは「井伊直虎」ですが、この井伊家の居城でした。

なので彦根城のそばにある開国記念館には大河ドラマの紹介がされていました。
 
さて、彦根城に電車で行く場合はJR西日本彦根駅で降りることになります。

この写真は彦根駅を出て城の方角を見たところ。

f:id:astronotes:20170503171048j:plain


手前の小さな城の模型がかわいいですね。

もしICOCAをお持ちであれば一人当たり1000円か1500円入金しておくといいです。

ICOCAで払うと城の入場料が少し割引になりました。100円か200えんかそれくらい。
 
2017年5月現在なのでサービスがなくなっていたらすいません。

大人の場合で一人あたり通常、城と玄宮園と開国記念館にはいるには1000円、博物館には500円必要です。

左の建物の中に平和堂というスーパーがありますので、必要なものがあれば買いましょう。

前のまっすぐな道を行くと右には市役所が見えてきます。
 

f:id:astronotes:20170503171125j:plain

このまままっすぐ行ってもいいと思いますが、私はここで左に折れました。

城の外堀を周回する道に入ります。

右手に掘、左にはホテルや土産物屋が見えてきます。
 

f:id:astronotes:20170503171217j:plain


のんびり歩いて突き当たると有名なアレがあります。

アレとは有名な洋菓子店、「クラブハリエ」です。

f:id:astronotes:20170503171308j:plain


テレビで見るとものすごくお姉さま方が集われてにぎやか混雑しているイメージなのですが、この時はひっそりとしていました。

入ってみてもよかったのですが、正直興味がなく、写真撮ってそのままスルーしました。

最近はコンビニでもとても頑張っていて洋菓子の良しあしがよくわからなくなっているんですね。

クラブハリエから堀沿いに右に曲がりますと、その先に夢京橋キャッスルロードという観光のためのお店通りがあります。

ここは見た目にかなり統一されていてがんばっている通りです。

f:id:astronotes:20170503171336j:plain


観光客らしい振る舞いといえば、こういったところで観光地価格で何か食べることですよね。

ということで、おじさんの客引きが強かったここに入ることにしました。

f:id:astronotes:20170503171407j:plain


「近江や」

そして観光客ぽく「近江牛ステーキ重御膳2,980円税別」を注文。

f:id:astronotes:20170503171431j:plain


さすがにお肉は柔らかく脂感があっておいしかったです。

店内にはさっき客引きをしていたおじさんが有名人と撮った写真が飾られています。

ボクサーとかタレントとか、ここに来た人というよりおじさんがパーティか何かに参加した時のショットのようです。

このロードにある宗安寺にはこのような枝垂桜とモミジの饗宴がありました。

f:id:astronotes:20170503171458j:plain


道からとても大きな鬼瓦が見えるのでなんとなく入って見つけました。

鮮やかでしょう。これはもっと宣伝していいように思います。

さらにこの通りの足元にはこのような句が仕込まれています。

f:id:astronotes:20170503171519j:plain


これを読みながら歩いてもいいかと思いますが、ずっと下を向いていると人に当たるので気を付けましょう。

このキャッスルロードから枝分かれした四番町スクエアという、今度は洋風建物で統一された観光用の一角があります。

f:id:astronotes:20170503171547j:plain


ここもお店が並んでいますが若干閉まっているところがありました。

どうして急に洋風にしたのかな・・・雰囲気は悪くないんですがね。

もらった冊子のオススメルートに従って、この後は道を戻り、彦根城の敷地に入っていくことにします。
 
広告を非表示にする